スマホサイトへ

カラーを仕事にするためのヒント

接客のポイント

接客のポイント

カラーの世界は間口がとても広く、しかも奥が深いので、最初にやるべきことは「目の前にいらっしゃるクライアントが自分に何を求めているのかを、きちんと理解する」ということです。
お客様が一生懸命お話しをしてくださっている時に、次にしゃべる内容を心の中でリハーサルしたりしていませんか?〜中略〜

カラーを仕事にするための55のヒント【ヒント25より】

相手の求めていることに応え、それ以上のものを提供するのがプロです。

それは、マンツーマンの場合でも、大勢を相手にするセミナーでも同じです。

例えば「似合う色を知りたいのです」というお客様のご要望は「似合う色を知る」ということではありません。〜中略〜

カラーを仕事にするための55のヒント【ヒント25より】

お客様が求めていることの本質を見極められるかどうか = 仕事になるかどうかと言っても過言ではありません。

接客のポイント

  • 求めていることを知ること
  • 言葉づかい・話し方
  • タイムマネージメント
  • 公平さ

詳しくはカラーを仕事にするための55のヒントをご覧ください。