スマホサイトへ

カラーを仕事にするためのヒント

タイムスケジュール

タイムスケジュール

タイムスケジュールを決めたら、その通りに進めることがとても重要です。つまり、決められた時刻にスタートし、決められた時刻で終了することこそが、最高のサービスのひとつと考えましょう。

カラーを仕事にするための55のヒント【ヒント14より】

タイムスケジュール通りにいかないことも多々あります。

時間が余ってしまったら

  • 質疑応答の時間にあてる
  • お客様に資料を見せる
  • 場面や残り時間に応じて話せる小ネタを、常にいくつか用意する

などがあります。余った場合は色々と対処の方法がありますが、タイムオーバーは問題です。
その際の対処方法は「すぐに終了させる」ことなので、オーバーしないための準備が重要です。

タイムオーバーしないために

お客様が遅れてくることはあります。そうすると予定の時間にスタートできません。お客様が遅れないための工夫としては

  • 何度か確認の連絡をする(下記参照)
  • お客様が迷わずにこれる、わかりやすい地図を作る

個人のお客様の場合、ご予約を頂いた時から明確にメッセージをお伝えすることが大切です。
〜中略〜
さらにセミナーの1~2日前に再度ご連絡をします。
〜中略〜
これで遅刻がグッと減ります。

カラーを仕事にするための55のヒント【ヒント14より】

お客様が遅れる以外にも、オーバーする要因はたくさんあります。マンツーマンの時と、複数名が参加するセミナーとでは、気をつけるポイントや事前準備なども変わってきます。

一度失敗の経験をすれば、対処方法も明確になりますが、なるべく失敗はしたくないですよね。

対策は事前に様々な場面をシュミレーションして、その全てに対応できるように用意することです。
たくさん準備することに越したことはありません。


カラーを仕事にするための55のヒントには、タイムオーバーしないための実例を交えたヒントや、マンツーマンレッスン・グループレッスン・検定対策セミナーのタイムスケジュールと準備物の具体例も掲載しています。